WordPress(ワードプレス)で任意の行間を開ける方法。

ブログ 呟き 雑記

WordPress(ワードプレス)で任意の行間を開ける方法。

06/25/2019

sumireです。

なんやかんやで、立ち上げから2年程度経つ、本ブログ。

ちょっと毛が生えた程度のWordPress技能しかないsumireですが、備忘録がてら、WordPress関係の話を書こうと思います。

WordPressで任意の行間を開ける方法。

WordPressで任意の行間隔を開ける方法は私が知る限り3つあります。

1,’スペーサー’ブロックを使う方法。

2,’整形済み’ブロックを使う方法。

3,カスタムHTML’ブロックを使う方法

1, ‘スペーサー’ブロックを使う方法。

スペーサー‘ブロックを使って、行間を調節する方法では、自分の好きな間隔に自由に調節することができます。

1.1 ブロックの追加⇨レイアウト要素 にある、’スペーサー’ブロックを選択。

1.2 行間隔の調整

2, 整形済みブロックを使う方法。

整形済み’ブロックを使う方法では、行間の最小幅が1行分の幅となります。

2.1 ブロックの追加⇨フォーマットにある、’整形済み’ブロックを選択。

2.2 ‘整形済み’ブロックで、enterを押して改行する。この時改行した回数+1回分が、行間に相当する。

改行なし、1行分の行隔に相当。
改行1回、2行分の行間に相当。

3,カスタムHTML’ブロックを使う方法

‘整形済み’ブロックと同様に、<br>の回数+1が、行間幅に相当する。

ちなみに’br’は’break’の略。

3,カスタムHTML’ブロックを使う方法

3,2, カスタムHTML’ブロックで <br> を入力する。

1行分の段落間隔に相当。
2行分の段落間隔に相当。


まとめ

行間の調整は、簡単にできる。

CATEGORIES & TAGS

ブログ, 呟き, 雑記,

Author:


コメントを残す

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。