プロテインにはこれを混ぜましょう!(オリゴ糖,難消化性デキストリン)プロテインにはこれを混ぜましょう!

Food 未分類 食べ物

プロテインにはこれを混ぜましょう!(オリゴ糖,難消化性デキストリン)

05/16/2019

筋トレや運動をする人から、日頃の食生活が崩れている方のお供であるプロテイン。(私は後者です!)

毎日、何回か飲むプロテインですが、ただ単に水に溶かして飲んでいませんか?

本記事では、プロテインと一緒に取るといいものをご紹介します。

目次【本記事の内容】

腸内環境を整える、オリゴ糖

腸は、外部からの栄養を取り込む重要な器官であり、多くの細菌が共生しているところでもあります。腸内に生息する宿主に良い影響を与えるいわゆる善玉菌は、それら自体がビタミンなどを合成してくれたり、腸内で優位に繁殖することで、相対的に悪玉菌の繁殖を抑えてくれます。

善玉菌には、有名なビフィズス菌などがあります。近年の研究では。腸内細菌の種類が多様であるほど良いといった結果もあります。(詳しくは腸内マイクロバイオームで関連論文を検索してください)

しかし、いくらヨーグルトや納豆などで善玉菌を増やしても、菌の餌となるものを摂取していなければ、善玉菌は定着しません。

そこで、多くの細菌の餌となるのがこのオリゴ糖です。オリゴ糖(多くの場合二糖類)はビフィズス菌の増殖因子として発見されたものです。

人間はオリゴ糖を分解することができず、代わりに腸内細菌がオリゴ糖を分解します。そのため、善玉菌の餌にはなりますが、血糖値が上がりづらいといった利点があります。

無味なプロテインに混ぜれば、少しの甘さが加わり飲みやすくなります。

オリゴ糖の値段も安く、ランニングコストに優れていますので、続け易いのも魅力の一つです。

おすすめは、日本オリゴのオリゴ糖です。私も愛飲しています。


血糖値の急激な上昇を防ぐ、難消化性デキストリン

特定保健食品(トクホ)の飲料水によく含まれているのが、これ、難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンには主に3つの効果があります。

・血糖値の上昇を抑制する。

・便秘を解消する。(取りすぎるとゆるくなるので注意が必要です。

・オリゴ糖と同様に人間は、難消化性デキストリンを分解する酵素を持たず、代わりに腸内細菌がこれを分解する。(餌となる)

プロテインに混ぜて、プロテインをトクホ並みにしましょう。

私はこちらを購入しています。


まとめ

筋トレやトレーニングは食事が大事なのは、もちろんのことですが、腸内環境が悪ければ、せっかく食べた食事の効果も、半減してしまいます。

クレアチンやグルタミン酸などのサプリメントにだけではなく、それに加えて、オリゴ糖難消化性デキストリンを取りましょう。

こんな記事、

プロテインにはこれを混ぜましょう!(クエン酸)

オートミールにはこれを混ぜよう!

食べ物カテゴリはこちらから

CATEGORIES & TAGS

Food, 未分類, 食べ物,

Author:

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。