『ぼくらの七日間戦争』がアニメ映画化しますね。

呟き 雑記

『ぼくらの七日間戦争』がアニメ映画化しますね。

06/11/2019

sumireです。

ぼくらの”シリーズの第1作目、ぼくらの七日間戦争がアニメ映画化しますね。

なぜか、この絵を見て、有川浩の”キケン(単行本)”を思い出しました。
’彼女と二人きり、絶好のシチュエーション、なのになぜこうなった’当時の感想。これ、’ぼくらの’とは全く関係ありません。

私が読んだのは中学生ぐらいの時だったと思います。あまり内容を覚えていませんが、中学生編ぐらいまで読んだと思います。

当時は、(今も昔もかもしれませんが)

小中学生に向けての推薦図書に本書がよく選ばれていました。同じ年頃の子供が主人公となり、いわゆる青春の葛藤、若さ、その模様を如実描き出し、また、ちょっぴり際どい表現も、魅力的だったのでしょう。

推薦図書の中の一作に、”ぼくらの七日間戦争“があり、私は手に取ったのだと思います。

微かな内容しか覚えていないので、今回の映画に対して期待も何も、ないのですが、たまたま目に入ったアニメ映画化ニュースによって、私の中学生時代がふと思い起こされたため、

この映画、また原作が読みたくなるような映画であって欲しいと思った今日でした。

雑記カテゴリはこちらから

CATEGORIES & TAGS

呟き, 雑記,

Author:

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。