AMD radeon rx vega mのグラフィックドライバーの更新は絶望的(intel NUC8, dell XPS15, HP Spectre x360,chuwi Higame,iiyama Levelシリーズ対象)

パソコン 未分類 購入しただけ

AMD radeon rx vega mのグラフィックドライバーの更新は絶望的(intel NUC8, dell XPS15, HP Spectre x360,chuwi Higame,iiyama Levelシリーズ対象)

11/05/2019

2019.12.28 関連する記事を追加しました。

sumireです。

本記事では、2019年1月から更新が止まっているradeon rx vega mのグラフィックドライバーの今後の更新の有無と、このグラフィックカードが統合されているKabylake-Gについて書いています。

最初に結論を言っておきますと、

・AMD radeon rx vega mのグラフィックドライバーの更新の見込み薄

・ゲームなど、最新のグラフィックドライバーが必要なソフトを利用する方は、Kabylake-g内蔵PCを購入しないで

責任とってよ~

前回の記事では、ドライバーの更新の有無と内情についてintelサポートセンターに質問しました。

すると、intelサポートセンターから、
・AMDからグラフィックドライバーの更新を受け取ってなかったから、更新できなかったよ。
・また動きがありましたらご報告します。
といった回答を受け取りました。

しかし、それから何の音沙汰もありません。
このまま放っておくのもあれなので、AMDにも同様の質問をしてみることにしました。

AMDへの質問と回答

質問

”radeon rx vega mのグラフィックドライバー の更新予定はありますか?また、AMDはradeon rx vega mのグラフィックドライバー開発に関与していますか?”

回答

”私はあなたがラップトップ上で統合されたradeon rx vega mグラフィックカードを使用していることを理解しています。間違っていたら訂正してください。この組み込み用グラフィックス用のドライバーは製品メーカー(*1)のみから提供されていることに注意してください。また、AMDからお使いのGPUに対応するドライバーはありません。お使いのGPUに対応するドライバーについては、メーカー(製品メーカーのこと)にお問い合わせください。”

*1 製品メーカーとは何を指しているのかを聞いてみたところ、PCの製造メーカー(Dell, HPなど)を指しているとのことです。(NUCについてはintelが当てはまる)

上の文面ではAMDはradeon rx vega mのドライバーを配布していない。配布の義務はPCの製造メーカーにあるとの旨が書いてあります。どうやらAMDのサポートセンターがいうに配布の責任はPC製造メーカにあるようです。

これを見た時に私は、いやいや、まず質問に答えてよと思うとともに、PCメーカーにドライバーの開発、配布の義務があるというのは本当?思いました。AMDが公式に回答したものではありませんが、これはちょっと酷すぎます。AMDの独自のノウハウを用いて設計されたハードのソフトウェアを、PC製造メーカが更新していくなんて無理な話です。(人材がいない。限りなくしんどい)。

あまり、ブログで感情的なことは書きたくないのですが、この回答は酷すぎますね(笑)。AMDは初めからradeon rx vega mの長期的なサポートをする気はなかったようです。

あと、この回答で気になったのは、前回の記事でintelサポートはAMDからドライバーの更新を受け取っていなかったためにドライバーを配布することができなかったと回答していましたが、AMDは配布の責任はPC製造メーカー側にあると主張しており、なんか食い違っています。

うーん、ということでこんな回答をAMDから頂いたことを踏まえて、再度Intelに聞いてみることにしました。

intelへの質問と回答

質問(文面を記録していなかったので、記憶朧に書きます。)

”以前、このような質問をしたものです。
(前回のintelへの質問と回答を張り付け)
AMDにドライバーの更新について聞きましたところ、ドライバー配布はPC製造メーカーに責任があるとの回答を頂きました。これが本当であるならば、Intelはドライバーの開発を行う責任があります。実際のところドライバー開発の責任はIntelとAMDのどちらにありますか。Intel側にあるのならドライバーの更新を行ってください。”

回答

なし。(前回は一日後に回答が来た。)

回答は記事執筆時点でまだありません。

radeon rx vega mのグラフィックドライバーの更新は見込み薄

おそらく、radeon rx vega mのグラフィックドライバーは今後更新されないと思われます。前回の更新から半年以上経つ上に、IntelとAMDからの回答はどちらもドライバーを開発していないとのお達し。そこに追い打ちをかけるように、10月7日にKabylake-Gの生産終了の発表( 2020年1月31日に生産終了 )があり、さらにIntelの次期GPUアーキテクチャXeの発表が近いと噂されています。

ペイントされた泥船にはあんまりな状況、沈みゆくのをただ見守るしかありません。(現状GPUに関してサポートが受けられないので、生産終了してよかったのかもしれません。mouseが知ってか知らでかradeon rx vega m搭載のノートPCの生産を行わなかったのは結果的によかったですね。)

Kabylake-G内蔵PCをゲーミング目的で購入しないで。

そう言っときます。というのもほとんどの最新のゲームでは動作要件として、グラフィックドライバーが最新であることが求められます。したがって、ゲーミング目的のかたはKabylake-G内蔵PCを購入しない方がよいかと思います。(ゲーミング用と銘打って販売されているので注意です。)

まとめ

・AMD radeon rx vega mのグラフィックドライバーの更新の見込み薄

・ゲームなど、最新のグラフィックドライバーが必要なソフトを利用する方は、Kabylake-g内蔵PCを購入しないで

CATEGORIES & TAGS

パソコン, 未分類, 購入しただけ,

Author:


  1. 二槍 より:

    HigameでRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3がインストール成功しましたので報告。
    海外HP Spectre の掲示板を参考に。インストール済みのRadeonとインテルのグラフィックドライバを削除、再起動後デバイスマネージャーからディスプレイアダプターのデバイスをアンインストール。再起動後インテル、Radeonの順でドライバをインストール。

    • sumire より:

      二槍さん、HigameでのRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3のインストールのご報告ありがとうございます。私もご報告を受けましてHigameでRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3のインストールを試みたところ、すんなりとインストールすることができました。また最新グラフィックドライバーが必要なアプリでの動作も確認できました。これについて追加記事を書く予定です。再度となりますが二槍さんご報告ありがとうございます。

コメントを残す

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。